2016年02月14日

お久しぶりィ〜!

 ここンとこバタバタしておりまして、PCを中々開けませんでした。漸くチョット暇が出来ましたンで、記事更新させて戴きます。そうそう、先ずはこの前の稽古会の模様をお伝えしましょうかね。
 2月5日、今年初めての稽古会が開かれました。暫くの間下北沢に会場を移し、再開してから名称変更し、正月はお休みで、通算何回目になるのか解らなくなってしまいました。ネタ帳も23回までしか記録してません。落ち着いたら調べてみます。
 さて一席目の噺ですが、『崇徳院』をかけさせて戴きました。この噺は一昨年高円寺の会で演ってますが、少し変えてみました。熊さんが若旦那の元へ二度行く形にしたので、その分少し長くなりました。でも、そうした方が自然なンですね。
 大旦那に頼まれて、若旦那の思いを聞いて来る。この時はまだ相手の娘の事は聞いてませんから、大旦那に娘の事を聞かれて若旦那に確かめに行くンです。そこで何処の誰だか解らない、だから何とか探し出して欲しいとなるワケで、丁寧な演出になります。行ったり来たりが多くなるンで、ちょっと面倒臭いですね。
 二席目は、お客様のリクエストで『風呂敷』なンですが、昨年暮に横浜で演ったばかり。二つ目になった頃に良く演ってましたから、こりゃァ楽だと思っていたンですけど、少し雑な感じになってしまいました。
 実は、少し風邪気味だったのと、多分寒さの所為かと思いますが歯痛だったので、呂律が回らなかったのです。思う様に話せない処は、酔っ払いが出て来るので誤魔化しちゃいました。まァなんとか二席終えたのですが、三席目は酷い事になっちゃいました。
 三席目は『宗論』です。この噺は二つ目になったばかりの頃演ってました。ですが、この噺を演ると口調がおかしくなっちゃいます。台詞だけでなく、振りも大きく誇張して演るンで、ちょっと恥ずかしいです。この日は演るつもりはなかったのですが、来月横浜で演るし、時間も後20分位だし、お客様が望むので、いきなりでも出来るだろうと演ってみました。
 まァ初めは良かったンですが、阿弥陀様の生い立ちの処で絶句してしまいました。突然頭が真っ白、すっかり噺を忘れてしまったンです。ありゃァ!ビックリしたなァ。で、お詫びして止めようとしたら、お客様が続けろって言うンです。普通は出来ませんよ。でもね、稽古会ですもン。稽古だからって忘れた処を飛ばしてサゲまで演りました。噺と違う処で笑って戴きました。ごめんなさい、もう大丈夫です。次回はしっかり演らせて戴きます。
 そうそう、次回の稽古会なンですが、3月4日は浅草演芸ホール夜の部に出演するので、お休みとなります。4月も席亭さんの慶事があり、開催する事が出来ません。代わりに何か考えておりますが、東北沢の『話芸に親しむ会』は、次回5月開催となります。どうぞ宜しく!
posted by 抜き打ちの龍 at 11:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_120_60.jpeg

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。ポチッとクリックお願いネ!