2017年06月20日

第19回古今亭菊龍の会

先日は、金沢文庫での古今亭菊龍の会へお越し下さいました皆様、ありがとうございました。好天気に恵まれ、少し暑過ぎる程でしたが、会場内では寒さを感じたお客様もいらっしゃった様です。座席の位置によっては冷房が利き過ぎたり、音響効果も変わりますので、次回はそれらを考慮して席をお選び戴きたいと思います。
今回の三席は、先ず初めに『強情灸』を演らせて戴きました。この噺はもう二十年以上も前になりますか、六代目柳家つば女師に教わりました。実はそれより前に、二つ目時代志ん生師のテープで覚え勉強会で演った事があります。しかし、ちゃんと習っていないので、一度きりでした。真打になり、協会の釣り落とし会に入ったので、つば女師と良く話をする様になり、鈴本の高座を録音させて戴いて覚えました。寄席ではかけた事がありませんが、勉強会で二三度演らせて戴きました。久しぶりの噺でしたが、まずまずといった処でしょうか。ああ、バーべ灸というのはつば女師のクスグリです。
二席目は『三方一両損』ですが、これは真打になってすぐの頃(30年位前)可楽師のテープで、勉強会の為に覚えました。勉強会の数合わせの為でしたから、ちゃんと教わった噺じゃァないンです。今回これを選んだので、勉強し直す事にしました。可楽師のは短いンですよね。どの噺もみんな短い。それにマクラが無い事が多いので、覚え易いけど落語会では尺が足りません。二十分にするのがやっとでした。
二つ目時代は、噺を覚えるには必ず持ちネタにしている師匠に稽古をつけて戴いてました。しかし、もうそろそろ自分で考えて出来るのだから、他へ行かなくても良いのじゃァないかと、最近思うようになりました。現在演ってる方のクスグリさえ盗まなければネ。それを演りたければ、勿論断ります。三方一両損もそんな訳で、自分で組み立てました。
三席目の『佃まつり』も、他へ稽古に行きませんでした。あらすじが頭に入っていますし、何度も聞いた事のある噺ですから、演った事がないのにすぐに出来る様になってました。ただ、勝手に覚えた噺というものは、人前で演ってみるまでは自信が持てないンですね。とても不安でした。ですからもの凄く緊張して演りました。ネタ下ろしが割と上手く出来るのは、この緊張して演るからなンでしょうね。なンとか上手く出来たとは思うのですが、次に演る時はもっと上手く出来そうな感じがしております。次回も一生懸命申し上げますので、どうぞ宜しくお願い致します。
posted by 抜き打ちの龍 at 16:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

第19回 古今亭菊龍の会

横浜は金沢文庫での『古今亭菊龍の会』のお知らせです。
A14A9517-4185-48F5-9F51-46EA27A891C6.jpg

日時:6月17日(土)午後1時半開場・2時開演
会場:金沢しらゆりフォレストホール
(金沢白百合幼稚園 内・釜利谷南2丁目)
会費:2000円

posted by 抜き打ちの龍 at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_120_60.jpeg

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。ポチッとクリックお願いネ!